身につけた知識は資格の為だけでなく
建築士の仕事を
学んでいく上で大切な準備。

小澤 陽
2020年入社
株式会社久慈設計盛岡本店/建築設計部 研究員
小澤 陽
2020年入社
株式会社久慈設計 盛岡本店
建築設計部 研究員
小澤 陽

2020年入社

株式会社久慈設計 盛岡本店
建築設計部 研究員

Inerview 1

どのような経緯で入社されましたか?

母校を設計していただいた繋がりから、中学生の当時、久慈設計に興味を持ち職場訪問という形ではじめてこの会社を訪れました。
高校卒業後、建築関係の大学に進み、地元に貢献しながら建築士として成長していきたいと考えるようになった時に久慈設計を思い出し、大学3、4年次にインターンシップ・アルバイトを合わせて3回ほど行わせていただきました。その間に社長や会長との面談などが複数回行われ、その後内定を頂きました。

学生時代はどのようなことを学んでいましたか?

4年制の大学で建築学科を専攻し、アフォーダンスや色彩計画、伴侶動物に関する研究を行っている教授の研究室で建築計画について学んでいました。

普段は主にどのような業務を行っていますか?

私が所属している建築設計部の直属の上司の下、トレースや積算、現地調査など設計業務の手伝いの他、他部署から定期報告の調査・報告書作成の手伝いを行っています。また、最近ではトイレなどの比較的小規模な設計業務の意匠設計を行ったりもしています。

インターンシップはどのようなものでしたか?

長期休暇を利用して1~2週間ほどの建築設計部でインターンシップを行わせていただきました。
基本的にはAutoCADを用いて作図を行います。
私の場合、大学で使用していた製図ソフトが別のものでAutoCADの使い方が全く分からなかった為、最初はトレースの練習をしつつ、AutoCADの操作と図面の描き方を勉強しました。
タイミングが合えば弊社で取り扱っている設計業務の図面を使って模型作成をさせてもらえることもあります。
また、BIMに興味を持っていると話したところ、業務で設計した建物のデータを用いて実際にどのようにBIMが使われているかを教えてもらう機会を作って頂きました。

Inerview 2

業務をするうえで気を付けていることは?

建築の仕事自体ははじめてでわからないことが多いので、疑問や不安があったら誰かに相談、確認をするようにしています。ただ、何でもすぐに聞かずに、一度自分で考え、調べるようにしています。

久慈設計はどんな方が向いていますか?

根がまじめな人だと思います。

チームで業務をすることはありますか?

業務の流れを学ぶため、はじめは依頼の規模にかかわらず上司や先輩と組んで業務を行っていきます。また、規模の大きい調査では複数のチームを作り、作業を分担して行うこともあります。

資格取得に向けて努力していることは?

私の代から大学卒業後すぐに一級建築士試験を受けることができるようになったため、大学4年から一級建築士の勉強を始めていました。入社してからは働きながらの勉強になるため、通勤や休憩などの合間の時間や帰宅後の時間を使って勉強をしています。
一級建築士の試験は年々難易度が上がっており合格を目指すのは大変ですが、身につけた知識は資格の為だけでなく、建築士の仕事を学んで行く上で大切な下準備にもなります。

MENU