一級建築士の資格取得した際には、
より自分の仕事に対する責任感と、
やりがいを感じました。

武田 脩平
2012年入社
株式会社久慈設計 盛岡本店/企画設計部 主任主査
武田 脩平
2012年入社
株式会社久慈設計 盛岡本店
企画設計部 主任主査
武田 脩平

2012年入社
株式会社久慈設計 盛岡本店
企画設計部 主任主査

Inerview 1

どのような経緯で入社されましたか?

Uターン就職を考えていた際にインターンシップの情報をいただき、実際の職場の雰囲気等を肌で感じることができ、会社の実績などからやりがいを感じて入社を希望しました。

入社した当時の様子、苦労したことは?

入社してすぐに、東日本大震災の復興に関係した業務に係る機会をいただきました。CADソフトの使い方や専門用語を覚えるところからで先輩方に苦労を掛けてしまいましたが、現在までの復興に微力でも貢献しつながっているのだと思えました。

普段は主にどのような業務を行っていますか?

企画設計部の業務としては、プロポーザルへの参加、提案書の作成等が主な業務となります。また、実際の建物の基本設計、実施設計も行っています。

この会社に入社して一番嬉しかったこと、大変だったことは?

嬉しかったこととは違うかもしれませんが、人生初と2回目の海外へ行く経験を出来たことは、この会社で得られた大きな経験でした。
大変だったことは、普段の業務を行ないながら夜・休日を利用しての資格試験の勉強という二重生活の時期です。

業務でやりがいを感じる瞬間は?

主な業務となるプロポーザルでの業務受注が決まった時には達成感があります。
また、建物が出来上がり、利用する方々の喜びの声を聞くと頑張って良かったと感じました。

会社や所属部署の雰囲気はどうですか?

インターンの時にも思いましたが、設計部は基本的に自分の仕事に集中し、静かな職場だと感じています。他部署との垣根もあまり感じず、誰とでも気軽に話ができる会社だと思います。
企画設計部に関しては、時間の限られるプロポーザルへの取り組みについて頻繁に打合せがあり、何かあればすぐに情報共有できる環境となっています。

社会人として大事なことは?

指示された仕事であっても、なぜその業務をするのか、何のために今の作業をしているのかを理解し、自分の考えや意見を持っておくこと。

Inerview 2

インターンシップはどのようなものでしたか?

私は大学4年の夏休みを利用し、2週間行いました。
内容については、模型製作・プロポーザルの資料作成の手伝い、現地調査への同行などでした。インターンシップの際には様々な方に話しかけていただき、緊張をほぐしていただきました。

入社前に抱いていたイメージとのギャップはありましたか?

規模の大きい公共建築の実績が多いことは聞いていましたが、それ以外にも大きいものから小さいものまで、多様な業務(定期報告・トイレ改修等)を行なっていることに驚きました。

業務をするうえで気を付けていることは?

自分の考えを持つことと同時に、実際に利用する方や上司・先輩の客観的な意見を聞くことで、多様な視点からの意見を聞き提案書・設計に反映するようにしています。

ここでの業務はどんな力がつきますか?

ここに限らず、公共施設の設計についてですが、様々な分野に対しての知識が必要となり、警察署・消防署・病院・図書館などの設計には中でどのような動きがあり、どんな動線があると便利なのか等、次から次へと調べる必要があり、それが経験となり次の仕事に活かせる力となると思います。

久慈設計はどんな方が向いていますか?

学校や役場庁舎等の比較的規模の大きな公共施設の設計に携わりたい、より多くの人に喜んでもらいたい、という熱い思いを持っている方だと思います。

久慈設計の好きなところは?

総合組織設計事務所として、意匠だけではなく、構造・設備・省エネ・積算などの各分野のスペシャリストがいることで、自分の業務について他の分野で悩んだときに社内での相談がしやすいです。また、豊富な実績から、類似施設の設計に対しての気を付けるべき点が諸先輩方から助言いただけるのは良いところだと思います。

Inerview 3
takeda_005

チームで業務をすることはありますか?

プロポーザルに関していえば、「企画設計部」という一つのチームで提案書を作り上げていると思います。

資格取得に向けて心掛けていたことは?

勉強していた当時は、いかに勉強する時間を見つけて確保するかを大事にしていました。そのために仕事はいつまでにどこまでやるかをはっきりさせ、その目標をクリアするよう心掛けていました。

資格を取得して変化したことは?

一級建築士の資格を取った際には、いきなり図面や申請書に自分の名前が入ることに責任の大きさを感じました。より自分の仕事に対する責任感と、やりがいを感じました。

社長のイメージは?

社長は、こちらから発信するやりたいことに対して、前向きに捉えていただける方だと思います。近場に事例が無く、遠出となる事例見学の希望に対して、「よし、じゃあ行ってみるか」と言っていただき、その翌々週にはそれが実現したこともありました。

今後のキャリア形成について、目標は?

まずは目の前の仕事に対して一つ一つ真摯に向き合い利用者にとってより良い設計ができるよう頑張っていきたいです。

当社に興味を持っている方々へメッセージを。

設計という仕事は、実際に手を動かし図面を描く時間よりもどうしたらより良い計画になるのかを考える時間が多くなることもあり、なかなか仕事が進まないこともあり、その建物が大きくなればなるほどその苦労も増え大変なことも多いですが、その分やりがいも大きな仕事だと思います。
設計という仕事に興味があれば、自分がどんなものを設計したいか、自分の好きな建物を設計したのはどんな設計者なのか、という部分にも思いを馳せ、広い視点で考えを持つと良いと思います。

MENU